ジャコメッティ展

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ジャコメッティ展には目標が二つありました。

1・哲学と作品と展示について

2・地下鉄に乗り継いで一人で東京に行くこと

どちらも、NO5.長男の進路とのかかわりでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ジャコメッティ展

スイスに生まれてフランスで活躍したジャコメッティ。

作品はブロンズという金属でできています。

日本では青銅と呼ばれるブロンズは銅と錫(すず)という異なる金属の合金のことです。

彼は人間の姿を見えたとおりに彫刻をしたいと思っていました。

生きた人間のおそろしさ、美しさ、不思議さ・・・それらを表現するために細い彫刻になっていきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

決してスタイルや表現のためにこうなったわけではないのです。

 

「実存主義」の哲学者や詩人たちからも高く評価されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

実際に目の前に立って空間を感じてみてはじめてわかること。たくさん発見できました。

 

地下鉄やJRを乗り継いで

六本木→上野→新宿→品川 一人で路線図を片手にたどり着き、無事に京都に帰ってきました。

入試説明会ではいろいろな質問ができた様子でした。

少し安心しています。

次の受験では東京駅で倒れて、救急車で運ばれないで、、無事に受験できますように。

さて、いよいよ今年も後半ですね。

U

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です