京都伏見アトリエ遊お煎茶教室

睦月
新たな抱負を胸に一年をスタートさせる月です。
例年なら第四週と決めておりました伏見教室の初煮会が今年は14日となり、松の内に皆様と最初の顔合わせとなりました。
いつもとは違った新鮮さがありましたね。
今年は全員が御免状を受けられ一つ上を目指してのお稽古が始まります。
5月には「下鴨神社」のお茶会もあり、1月よりそれにむけての準備も始めます。ご承知の通りお茶会はチームワークが大切です。特に「糺の森」でのお茶会の時に感じる事は、神林すなわち鎮守の森あってこその神社の中でのご奉仕は特別なのだと云う事です。
鎮守の森における生態系は「相依相待」と言い、一つのものが存在する為には他のものに依っていて、他のものなしにはその一つのものもあり得ないと云う関係性を保っているそうです。
この事は、人と人、人と自然も同じですね。
そんな関係性やご縁も考え感じながら下鴨神社でのお茶会はのぞみたいと思っております。
各自それぞれの持ち場で力を発揮出来る様に準備したいきたいものです。
今年も宜しくお願いします。

86CDC7D2-6ADB-4BF6-A805-B8080D8F5519

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です