京都伏見アトリエ遊お煎茶教室

14444652_1414801531881289_4213550983879010129_o

10月(神無月)
9月19日(彼岸の入りの日)に、御家元が旅立たれました。何とも悲しい事です。
通夜、密葬の時にお会いした御家元は、口を真一文字に結ばれ穏やかなお顔で、まるでご自分の最後をご自身でお決めになられたかの様にお見受け致しました。
お花を添える最後のお別れの時、うっすらとお目を開けられ「見守っているよ」と言うメッセージを下さいました。
これからは清風に乗って文人らしくご清游されることと思います。
本当に長きに渡り色々なお教えを頂きましたこと、深く感謝し御礼申し上げます。
心よりご冥福をお祈り致します。

これからは御家元の意向により、剛和氏に作らされた茶器をご紹介していきたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「色絵四君子茶壺」
これは窓枠の中に四君子を描いた茶壺を作って欲しいとの事で出来た作品です。
枠の中に納まる図案は格が高く、清明手前や棚手前に使うのに適しています。

今橋治楽

14523026_1415279045166871_1201250381121893807_n

「見守っているよ」ときこえた気がしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください