京都伏見アトリエ遊煎茶教室 師走

師走
この言葉の響きに、何とも納まりの悪い感を抱いているのは私だけではないと思います。
本来なら今年も一生懸命やり抜いてきて、もう残りも1ヶ月を切ってしまった‼️
さぁーもうひと頑張り‼️
と発破をかけているところが、何をしてきた一年だったろか?と意気消沈

でも、コロナに感染することもなく来られたのなら良しとしましょうか。

さぁー来年に目を向けて。

来年の各お茶会は予定通り行われる事になっており、伏見教室の皆さんは五月下鴨神社、七月八坂神社でのご奉仕も担当します。
京都芸術大学もリモート授業は終わり対面授業となります。
ただ、全く元通りとはいかないと思いますが、時の流れに添ってより良い環境、状態が維持出来る様に努めていきたいと思っております。
お茶は人と人を繋ぐ大事な存在です。
令和三年はお茶本来の役割を果たせる年になって欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください