kyoto neo traditional

「京もののある暮らし」

に作品を出品します。

「特別ゲストって どなたがこられるの?」[E:shine]

と質問しましたら・・

女優の萬田久子さん。[E:shine][E:shine]

本当に~[E:sign02]わ~・・[E:sign01]びっくり。

[E:confident]

京都美術・工芸ビエンナーレ2012

2012 京都美術・工芸ビエンナーレ 京都文化博物館にて

1月4日から19日 10日16日休館

入場無料

マエストロ貴古 「祝福」

www.maestro-kiko.com

Photo Syukuhuku1 少しずつ進化しております。

50歳になっても、感覚や感性は衰えないもの。まだまだ、これからです。

年内の展示会の予定がほぼきまりました。

今年もよろしくお願いします。

えと展審査結果

「このプレート皿のどこが、なぜ素晴らしいのか教えてください。」

という質問を四代貴古がうけたそうです。京都の言葉で記録しておきました。どうぞ皆様のご参考にしてください。

以下。抜粋ですが・・。

アトリエでこんな絵を描かせて、遊んでいるだけとおもってるのと、ちがいますか?

あのね、子どもには今しかできないこと、今しかかけない絵がありましてね。それをしないと、どうしてもあかんねん。型にはまったきちんとした仕事をする子が、よい子、よい絵とちゃいまっせ。

今、自分の必要なこと思いっきり外に出せる子は優秀でっせ。

そんなことを やらしてくれる先生がおることは、大事ちゃいますか?

そうそう。何もしないとかね、何も描けないこと以外は最高。

今、ぼくはこの形 この大きさ この絵って決まって陶芸の仕事してますからね。大人になったらそうやって仕事していきますから。

時期がきたらいやでも、こうなります。でもね、時々もうちょっと遊んだ絵にしてよって言われる。子どもの時代に思い切った絵を描いていないとわかりませんわな。

以上

発表会場にて

[E:confident]

いまはしゆうこ

新作です。

入選しました作品の一部です。全部で5体です。

Pc140680

Pc140679

Pc140681

案外大きいんですよ。[E:heart02] 全部並べると大変派手です。現在はドラゴンのミニラを100個目標で作っています。ファイト。

でも、我が家のミニラの のりさんが、マイコプラズマ肺炎なので25個でストップ。

25個限定商品となりました。。

(*^ー゚)b

喜びをきくドラゴン

ここ数年の世界各地でおこる震災。

今は大変だけれど、来年はきっと良い年に。

難を転じて (南天)喜びを聞く (菊) ドラゴンです。ドレスは、菊の花、後ろには南天が描かれています。

もう少しなおして完成にします。伏見の子どもたちと一緒に出品できてとても幸せそうにしています。「どうもありがとう。」とも言っています。

私も一歩 また歩きはじめます。

Photo

新作

教室の看板をつくりました。土から作って字も描きました。

ちょっと よく見ると・・失敗しています。釉薬がうまくとけてません。

これも、味があってよい。[E:good]

これでいのだ。[E:sun]

伏見教室に表札をつけようと思います。

いままで 紙をはっていたので、字が薄くなってきました。

それで陶板で焼きました。Img_0908

う~ん。横にしてみました。

壁につける方法を、教室の父兄の方に相談しながら 検討しようとおもいます。

そしてもう一枚が、

うさぎちゃんの看板なんです。

[E:lovely]

展覧会ご案内

Dm

「京都老舗の会」 にて展示会がございます。

広島そごう百貨店 9月13日~19日

千葉そごう百貨店 10月4日~10日

東武宇都宮百貨店 11月9日~15日

12月は福岡三越で展覧会がきまりました

ご案内まで。

[E:shine]四代目襲名披露パーティーではなく、作品をもって 受け継ぎ 子どもたちに残していくことを決意いたしました。真実は必ず正しいほうにむかっていきます。

私は美術家として生徒を育て、必ず 真実はあり、正しい方向へ向かうことができるということを・・たくしました。

どうか、この作品とともに 平和への祈りが伝わりますように。

聖母像 作品紹介

「これは・・なんの動物?」

「ムーミン一家みたいなのかな。。」[E:coldsweats01]と質問されました。

「この作品は 子育てしている架空の動物。聖母像です。[E:shine]」 といったら 京焼作家の先輩方は爆笑でした。

真剣な顔で・・

「京焼の技術、歴史を人形に託しました、次世代に残したい京焼の精神です。 新作です。まつ毛の先が一番工夫したところです。」と・・

またもや・・「し~ん。」となりました。019
でも・・
すごく素敵なスカートをはいているのです。伝統的な京焼のデザインです。

うさぎちゃん蓋置物

陶芸の作品を作りました。

はじめは、フルートを演奏するキツネを作りました。

それから、オペラ歌手です。しかもうさぎです。

ただ3月なかばから・・祈りの形を作りました。

このうさぎちゃんは蓋置物です。

「平和への祈り」といえば、少し・・生意気です。でも、これと向き合わなければ前にすすむことができませんでした。。すべての子どもたちが みんなに愛されて、のびやかに成長しますように。・・と念じて毎日、土にむきあっていました。

なぜだかわかりません。芸術と向き合うことでしか、私を保つことができないのです。震災からひそかに戦っていました。

そのうさぎちゃんに主人がスカートをはかせてくれました。

それで合作となりました。Img_0784

アートフェスティバルの主題

どんな人を育てるか

自分の頭で考えて、手を動かして今までにない何かを自信を持ってつくっていく

想像する力を育てるために、絵をかくことは必要なことです。

音楽絵本 こもりうたより

大好きなこと得意なことを一つ。それだけでいいんです。たとえば、絵を描くことを一生懸命にやれば・・続けていけばよいのです。そうすれば、人の輪ができます。あなたの大好きなことを一つだけ。それが何であっても、その大好きなことを勉強するのにどれだけ多くの目に見えない人に支えられているのでしょう。感謝して、努力をおしまないことです。

その勉強したことで社会に貢献して、私のスカートに花束が一つ

また一つ。そして・・お花でいっぱいになった幸せな私。

私たちもまた、皆様にささえられている。これは、ミミの言葉です。

アートフェスティバルの第1回から心の中のこの主題はこれからもず~っとかえないでいこうと思います。芸術の公共性について考えたことで受験した保育士の資格試験。芸術を学ぶことはいったいどういうことなのか。何を伝えればよいのか。それを指導しながら模索することの大切さです。私の考えが本当理解できるのなら、美術・音楽の実行委員長の仕事も見えてきます。シナリオが楽しみです。

話の結末は、どうぞお楽しみに。[E:confident]