呉須の色

「貴古さんのよめはん強烈やな。」とよく言われます。もうなれました~♡

名古屋 ・岐阜での個展でのアドバイス
たとえば「抜きなさい。もう少しデザインをぬいたほうがよい。まじめすぎる。せっかくの材料に、素材に自信を持ちなさい。いい仕事しているんだから。」

そういってくださる方がおられました。

京都での陶芸家さんとはすこ~し違います。笑

京都よりもっと規模の大きな窯業地でかかえている大きな問題。そして、陶芸家として生き残っていけるかどうか。

子どもに跡継ぎを、させてもよいものかどうか。

いつも思っている「もう、陶芸家として生きるのは無理なんだろうか・・。」そういう気持ちはみんなもっていて、そのうえで・・「よく、ここまで やったね。」よくここまで、伝統的な技術技法を新しい手法で展開しましたね。ということをいってくださいました。

伝統的な色や技法 祥瑞(しょんずい)

蓋置物人形に盛り込むことにしました。

藍色。とても美しいですOLYMPUS DIGITAL CAMERA

この蓋置物の人形に この藍色を使うことにしました。

個展まであと3週間と少しですが、間に合えばうれしいです。

ホーテンシア

 

意外に明るい美術専攻生の未来―高い就業率や幸福感

ウォール・ストリート・ジャーナル
より 11月13日 の記事より
以下抜粋しますと・・・・・・・・・・・・・
意外に明るい美術専攻生の未来―高い就業率や幸福感
美術を専攻すると、卒業しても一生職にありつけないと思っていないだろうか。だが、実際はかなり違うようだ。
ジョージタウン大学の教育・労働力研究センターでディレクターを務めるアンソニー・カーネベル氏は「アーティストは中間層並みの所得が得られる良いキャリアにつくことができる」と指摘、「加えて、それと同じくらいか、それ以上に重要かもしれないが、アーティストは自分たちの人生の選択や暮らしに満足する傾向がある」と話す。

中略~

 チューリッヒ大学にある経済・マネジメント・芸術の研究所でリサーチ・ディレクターを務めるブルーノ・S・フレイ氏は、この調査結果と同じ見解を持つ。

フレイ氏は「幸福度リサーチを一定期間」行い、「アーティストは一般的に他の人よりも幸せである」ことを発見した。

芸術関連の職業の中でも、美術家、作家、作曲家といった人たちが最も幸せだという。「自分が選んだ仕事によって自身の独立性が保たれ、それが彼らを幸せにする」からだ。「一方、俳優やミュージシャンの幸福度はやや低い。様々なルールに縛られ、独立性も弱いからだ」とフレイ氏は指摘する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なんといっても
「美術専攻の卒業生は打たれ強く、機知に富む」と書かれています。
ふふん~
それは、美しき勘違いだな。
専門職は、うつ病にもなりにくいらしく、
ちょっとうれしい。うれしいといえば、P1019754.JPG
久しぶりのコンサートでお花を買ってうれしくなりました

絵画作品

20年前の 田中裕子個展 京都マロニエにて
横は2メートルある絵です。
その作品を二点、ある方がお買い上げくださいました。
その絵はあまり変色もしないで当時のイメージそのままでした。
P1019137.JPG
天井の屋根の形にぴったりです。
P1019136.JPG
あっという間の20年。
はやかったなぁ・・。
ありがとうございました。

Blanc de Noir ~ブランノア~

DCIM0029.JPG
Blanc de Noir ブランノア
神戸トアロードのお店です。
お友達のお店です。
さっそく 作品を(アクセサリー)
コーディネイトしてもらいました。
さすがです。
自分のお洋服とは全くイメージが違います。

小さなボンボニエール

子どもたちのもう抜けてしまった歯を入れるために・・・
かわいい小物入れですが、つくってみました。P1018242.jpg
P1018238.JPG
これは、制作途中です。
P1018251.jpgこんなに小さくてかわいいです。
P1018226.jpg
手にコットンパールを持っています。

名古屋の個展

これなら、個展をしても 大丈夫。
合作と言っても、
自分が主体として作ることができた!
でも、さあ。。どうしたらいいか。
わからない。と半分自信を失った。
でもでも・・すごい。
名古屋では、完全に
「さあ。裕子先生。売りましょう。」モードチェンジ。
美術品を買いに来られる方は
もっとはやい。
パッと見て
アクセサリー。新色の二個。早い。
それから、ふしぎちゃんの呉須の絵付けをしたもの。
会場をひとまわりして、「これはよくがんばったね。」ということでした。
そして、陶芸をされている方がまたすごく多い。
多いだけではなく
寛大でした。
愛知芸大の先生が
「はっ。」「こんなのはじめてみたよ。」
という感想です。
ちょっと意外でした。
「またくるよ。」とにこやかに言ってくださる。
作家活動を再開してから、大学関係の先生とすごく話しやすくなった。
同志という感じで気さくにお声掛けしてくださる。
感謝です。そしてなんと井上萬二さん。(人間国宝の・・)目の前で、個展をされています。
P1017640.JPG
こちらがマエストロ貴古
P1017642.jpgP1017649.jpg
金曜日はアトリエ伏見教室
土曜日の夜からまた名古屋へ向かいます。
がんばってきます!

名古屋個展

5942_641934165834700_1127909571_n.png
作家活動 初個展から1年で 名古屋で個展が決まりました。
個展期間中の宿泊も、ホテルで家族4人。
手配してくださる内容が、本当に素晴らしい。
感謝。そして・・個展のデザイン。
作家紹介文に本気でかかわってくださるうれしさがある。

作品

P1016735.jpgP1016737.JPGP1016735.ORFP1016715.JPG
やっぱりちょっと無理しても大きいものをつくっておこうということで、
連作の作品をつくりました。
連休の連作で7点もあります。
右肩が動かないのは、筋肉痛ですね。
あるいは50肩かな?
おおきなお花になるはず。
ある程度大きさがないと、
説得力がないように思ったので、
やっぱり、完全に一つ完成させようとしています。
あとは、私の右肩次第かな・・。

作家活動

http://maestrokiko.cart.fc2.com/
作家活動をするなら
作品を売ることも また、そのPRも
いつからでもできることです。
自分でつくったものを販売することにしました。
ドキドキワクワク1年生。
パソコン教室に通い
作品を作って、販売するということになりました。