京都伏見アトリエ遊バイオリン教室

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
憲洋くん。8月から大きな大人のバイオリンを使うことになりました。
クラブで、サッカーのレギュラーになれるかどうか。
熱心に練習(サッカーもバイオリンも)するのかどうか。
そんなこと、だれもわからない♫
大事なことは、今日一日。
親子で精一杯取り組むこと。と、家族会議の上、少しずつ貯金していた積立貯金でバイオリンを購入することになりました。誕生日に少し少し貯金してきました。といっても一年に一万円程度です。
それで、先生にご相談して、「良いバイオリンと高い値段のバイオリンは必ずしも同じではない。」
ということから、楽器店ではない方法で購入することにしました。
予算に少し足して、ケースも弓も本体もすべて。
恥ずかしくていくらとは言えません(笑)信頼できる方にお任せしました。
自信をつけてほしいという、親としての、アトリエ遊としてのささやかな願いです。
音楽は楽しいっていう気持ちをずっと持ち続けてほしいのです。
勉強を詰め込むときは今ではなく、まずは自信を持ってほしいと思いました。
元気な良い音を聴かせてね。(母より)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先生に少しご相談して、アトリエ遊の発表会をどこかでできないかどうか。兄弟二人だけのアトリエ遊伏見教室の会。

京都のカフェはどうかと言っていただきました。
(先生と路上ライブもありです)

基礎ができたら、発表する力も、プレゼン、演出の力も、デザインをすることも大事です。
クラシックのコンサートは夢だけれど、二人だけでホールを借りることもできません。
もう、少し前の発表会の形は古いのかも。と感じています。

いつでも、どこでも、だれとでも、真剣に楽しく。
バイオリンという楽器もがいつも友達でいてくれますように。(母より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です