5月24日ヴァイオリンレッスン

今日は10時から四名のヴァイオリンレッスンでした。

まず一人目はN君。今日も弓の持ち方のおさらいです。単に弓をもつと言っても、実に細かい指づかいや高い集中力が要求されますから、なかなか難しいですね[E:sign01]あと一歩がんばりましょう!

次はS君。だいぶと弓をきれいに持てるようになりましたから、次は弓を自由に動かせるようにしましょう。親指で支えることをこれから意識していきましょうね[E:scissors]。左手も安定しているので、半弓ずつ音を出す練習も加えました。

三人目は今橋勇介君。軍隊行進曲に使われている音符を、改めて丁寧に勉強していきます。全音符を基準に二分音符、四分音符などが細かく分けられていること、それぞれに異なった音の長さをもっていることが随分と整理できましたね[E:key]。

最後は今橋憲洋君。主にカスタネットを使ってリズムを作るレッスンです。一口に「リズム」といっても様々な形がありますから、それらを身体全体や、声、ヴァイオリンで豊かに表現できることを目指しましょう[E:rock]。先週に比べ複雑な課題を出しましたが、がんばりましたね!

5月17日ヴァイオリンレッスン

本日10時からヴァイオリンレッスンが行われました。

一番目はN君。楽器ケースから弓を取り出し、弓をピンと張って松やにをぬる方法をきっちりと習いました。これからヴァイオリンの勉強を進めていく中で、欠かすことのできないとても大事な作業ですから、しっかりと習慣を身につけましょうね[E:good]。

二番目はS君。楽器と弓を取り出し、いろんなパーツの名前をひとしきりお勉強です。弓の毛箱の名前を「フロッグ」と説明すると、「カエルさん?」と返事がかえってきました[E:flair]。英語もたくさん知っているのですね!びっくりです[E:sign03]

三番目は今橋勇介君。引き続き軍隊行進曲です。曲中にたくさんの強弱記号などの楽語が出てきますので、それをしっかりと覚えていきます。音楽を創るうえでの大切なヒントになりますから、地道に覚えていきましょう[E:rock]。

四番目は今橋憲洋君。弓の持ち方のおさらいの後は、リズム打ちです。頭、肩、胸、膝、足首、身体中を使ってリズムを追いかけます。リズムは音楽の大切な要素の一つですから、全身で感じていろんなリズムを体得していくのが大切です。よくついてきました[E:fuji]。

P1010230

5月10日ヴァイオリンレッスン

ゴールデンウィークのお休みを挟んで五月初めてのレッスンです。

10時からN君。身の丈に合ったヴァイオリンと初対面です[E:scissors]。前回は弓の代わりに鉛筆をもって練習しましたが、今回は実際に弓を使って練習です。鉛筆とは勝手が違うので難しいですね。根気勝負です[E:rock]。

次はS君。まっすぐに立ってかっこよく構える姿勢のおさらいです。重心が移動しないように頑張りました!うっかりヴァイオリンが体から離れてしまわないように注意です。右手もだいぶ細かい動きができるようになりましたね[E:diamond]。

続いて今橋勇介君。シューベルトの軍隊行進曲です。兵隊さんがかっこよくシャキッと歩けるように、はきはきとした弓使いを心がけました。弓のスピードが変わることで、音色もかなり変わってきます。多彩な音を出せるようにしていきましょう[E:sign03]

最後に今橋憲洋君。右手左手が別の動きをするのでなかなか難しいですね!ひとつひとつの動きを丁寧に重ねていくことで、きれいな音が創られていきます[E:bell]がんばりましょうね!

Img_0937_2

4月26日ヴァイオリンレッスン

今日は10時からN君、S君のレッスンでした。

N君はまず弓の持ち方から。弓は少し重いので鉛筆で練習してみました[E:pencil]。ついつい鉛筆の持ち方に落ち着いてしまうのですが、新しい手の形を根気よく覚えていきます。慣れてしまえば簡単、がんばりましょう[E:sign03]

S君は半弓でしっかりと元気な音を出す練習に加えて、4本の弦をそれぞれに鳴らすための右腕、右ひじの工夫を新しく覚えました。先生の指示に一度一度きちんと元気な返事をしながら、腕の形を練習です。

次回は2週間あいて、5月10日のレッスンになりますが、皆さん宿題をそれぞれにがんばりましょう!

4月19日ヴァイオリンレッスン

本日はS君と今橋勇介君、憲洋君のヴァイオリンレッスンがありました。

S君は先週に引き続き、楽器の構え方に始まり、四本の弦を鳴らすことを覚えました。左の構え方がずいぶん板についてきましたね[E:sign03]ヴァイオリンの各パーツの名前をどんどん覚えていって、とても意欲的です。

P1010211_edited1_3

今橋勇介君は、今日は左手を怪我してしまっているので、右手の集中レッスンです。これから難しいパッセージに出会うと思いますが、右手をより柔らかく使えるようになったら、音楽性豊かな勇介君には鬼に金棒ですね!

今橋憲洋君は松やにの塗り方にはじまり、右・左の構え方のおさらいです。左側がとてもかっこよくなりましたね!右手は一本一本の指の扱いが細かくて複雑ですが、もう少しです[E:scissors]。弓をヴァイオリンの弦に対してまっすぐ引くと、とても豊かな音が鳴るのを発見しましたね!

4月12日ヴァイオリンレッスン

本日は4人の生徒さんのヴァイオリンレッスンを行いました。

まず10時からは新しく入会されたN君。初めてのレッスンということで、まずはヴァイオリンの各部分の名前などを紹介。たくさんのパーツがあるので、少しづつ興味を深めていってもらえれば、と思います。

二人目は引き続きS君。先週ヴァイオリンをとてもきれいに構えて、きちっと音も出せましたので、今日は弓使いを少し発展させてみました。弓を身体の一部のように自由に使えることを目標にしましょう!

11時からは今橋勇介君。イ長調を基本とした弓使いの練習です。スラーのかかり方や弓の上げ下げが難しくなってきましたが、とてもよくこなしていました。曲はマイリード変奏曲を全曲、立派な音で聴かせてくれました。

次は今橋憲洋君。今日はヴァイオリンと弓を合わせて、とてもかっこよく構えることができました。左・右共に構えるにあたってはとても複雑なので、少しづつ慣れていきましょうね!P1010204