カーサブルータス京都特集

B2235385-0925-44EE-AF7D-033CBDBB9D18

こちらに四代貴古の作品が紹介されています。

裏表紙はこのように。。ふしぎちゃんが2017年の最新版だと教えてくれています。

ステキな雑誌でよかったです。

ありがとうございました。

DCC8B41D-942A-452F-8AD9-221A9DEEDFCE

マエストロ貴古の世界展

マエストロ貴古の世界展

華麗なる磁器の饗宴IMG_0503

名古屋、丸栄デパートにて

29年9月14日→9月20日

最終日は4時終了

 

京都芸術大学出身の夫婦によるコラボレーション、マエストロ貴古。

今橋裕子の芸術感性を京都貴古窯4代目・今橋剛和が昇華し制作発表致します。

今展も優美を極めるラスター彩による作品など、圧巻の世界をお愉しみくださいますようにご案内申し上げます。

 

IMG_0168

今回の展覧会では三代貴古の作品を四代貴古が仕上げた作品もご高覧くださいませ。

IMG_0190

写真はイメージです。

実際の作品は現在追い込み中。

笑いあり、涙ありの一年でした。

IMG_0705

お煎茶のお道具も剛和造の新作も展示させていただきます。

プレ展示は9月9日よりIMG_0741

丸栄デパート8階

ギャラリーエスパス

052-264-1211

お待ちしております。

四代貴古 今橋剛和

今橋裕子

 

 

 

京都伏見アトリエ遊お煎茶教室

9月
六世家元が旅立たれて一年。皆さん各々に思い出のおありの事と思います。今日は満月、空を見上げながら故人を偲んで頂ければと思います。
以下の文章は六世家元を偲び私が書いたもので「三清会通信」に掲載されたものです。

IMG_0547 IMG_0792

「中国旅行にご一緒して」今橋治楽
御家元と行く海外旅行はいつも日本からの添乗員は無し。その分の費用を私達の旅行内容の充実にあてて下さった。普通のパック旅行では味わえない「本物の中国と出会う旅」という御家元の思いに溢れていた。
先にご自身が行かれ、これは皆に見せたい、触れさせたい、賞味させたい、感動させたいと思われる所に連れて行って下さった。現地の添乗員の解説で不充分なところは家元自らが付け加えられた。思わず添乗員が拍手するほど中国の事をご存知だった。
そんな御家元に導かれながら旅する中国に、いつの間にか私自身も嵌まってしまっていた。お茶に関する事は勿論だが、中国で接する人々にも関心を持った。どなたも親切で温かい方ばかりなのだ。中国の学者さん、馴染みの添乗員さんら、御家元と以前何らかの関わりを持たれた方々だろう、「小川後楽が中国に来ている」という噂でも流れたのだろうか、御家元に一目会いたいとお土産を持ってホテルの部屋の廊下にずらりと並んでいるのだ。私はその時案内係とでも言おうか、「次の方どうぞ」と順にお客人を部屋の中へ案内していた。全てが終われば日付の変わっていた時もあり、今から思えば嬉しい事もとはいえ体力的にもキツイ事だったろうと思う。しかし私達にとっては、頂かれたお土産の中にとても美味しいお菓子もあって感動した。特に忘れられないのが大きな月餅で、4分の1づつ中に入っている物が違っていた。(レーズン、くるみ、粒あん、餅)そしてその月餅のどこかに金の人形が入っていて、それに当たるとラッキーと云うので皆でワイワイ言いながら食べたのを覚えている。
御家元にとって中国は原点。そこで暮らす人々についての真実を知りたい、遡っては空海が漂着した頃はどうだったろう、唐代の陸羽.盧同に会ってみたいなぁーという情熱いっぱいの御家元の姿を、門人皆微笑ましく見守っていた。そこに小川流の確たるものを見ていたのかもしれない。
随分と前になるが(まだ20世紀の頃)21世紀は、ただ健康だけでは足りない。理性に裏付けされた文化を持って心豊かに生きる事こそ、人としての喜びではないか。それに『煎茶』はピッタリなのだと言っておられた。私はその言葉が頭から離れなかった。
人類と出会って五千年とも六千年言われる『お茶』。その間忘れ去られる事もなく、飽きられる事もなく今に続いている。そのお茶の持つ本来の在り方を問われていたように思う。現在を生きる私達にとっての「お茶のあるべきようわ」その思いを汲み、微力ながら私なりにその「あるべきようわ」を問い続けていきたいと思っている。
長い間本当に有り難うございました。

IMG_0284

 

名古屋エスパスでの展覧会がもうすぐ始まります。

IMG_0744

最新作が完成しました。来週から名古屋で展覧会があります。

早速おしゃれなお花屋さんに。

http://flower-navy.com/

フラワーショップネイビーさんにおじゃましました。IMG_0760

IMG_0775

こだわりのお花がきちんと綺麗に並んでいます。

IMG_0763

京都のお花やさんはどこもきちんとしています。

こちらは親切にお花を選んでくださいます。

IMG_0766

IMG_0774

このようにしていただきました。

ありがとうございました。

イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

IMG_0629

西宮市大谷記念美術館に行ってきました。

IMG_0592

懐かしい2002年

元永定正先生と、ご縁があって四代貴古のお煎茶のお道具の展覧会がありました。

先生の絵付けです。そしてそのお道具で小川流煎茶お茶会が美術館でありました。

IMG_0615

記念の作品です。↑

IMG_0631

先生からいただいたお手紙や絵本、それから作品もいただきました。

先生は私のことを応援して下さって。

本当に大切な先生です。

IMG_0610

お庭もその当時と全く同じ。15年も経ったんですね。

IMG_0609

IMG_0623

一人でゆっくり庭の散歩。。IMG_0626

IMG_0618

あっ。先生にふしぎちゃん、みえてるかな。

お庭のウサギ。たくさん見つけました。

絵本原画展の明るい色彩と大きな西宮市の樹。

行き交う人の笑顔や会話。

豊かな気持ちになりました。

気分転換して。。

さあ。京都へ(^_-)

続きの自分の絵、自信もって描いてみよう。

先生の大きな笑顔を思い出しました。

展覧会まであと2週間と少しです。

 

オルセー美術館 リマスターアート展

大丸ミュージアム京都にて8月21日まで

カレンダーか教科書みたいに有名な作品がおしげもなく並んでいて、写真撮影が可。有名な作品の前に立って写真を撮る自分が信じられないという気持ちになります。

アトリエ遊油絵講習のために技法の説明の勉強を兼ねて。

油絵独特の厚み、深み、絵具のもりあがり。独特の匂い。絵具の輝きとか艶。

西洋に対する憧れそのもが油絵だったことにも気がつきました。

リマスターアート

では、写真の一部を。

IMG_0287

アングル

水の精霊は水面に立って

IMG_0292

働く女に人たちの日常に光を。。

牛飼いの少女

ミレー↑

IMG_0301

この絵のネックレスが当時の女の人の娼婦の日常を感じさせることが問題になったそうです。

オリンピア

マネ↑

IMG_0306

モネの白ばっかりの絵。

雪の絵の中ににぬくもりがあるという解説がとてもわかりやすかったです。

IMG_0309

IMG_0320

ルノアールは有名です。肌にブルーを足していることがまるで死んでいる人のようだと酷評だったそうです。そういえば、赤ちゃんの蒙古斑みたいかな。

このころ、チューブの絵具が開発されて屋外、野外で裸婦を描いたそうです。

ドガの踊り子達の写真です

IMG_0330

ルノアール

IMG_0338

ギュスターブモロー

IMG_0346

ゴーギャン

IMG_0351

セザンヌ

IMG_0352

IMG_0355

ゴッホ

全部で60点です。自由研究にもまだ間に合います。

解説にはパリの地図もあってわかりやすいです。

「この絵の中のルノアールの大好きだった人はどの人でしょう」というクイズもありました。

IMG_0321 IMG_0342 IMG_0343

後に赤い帽子の気さくな笑顔の方と結婚されたそうですよ。

気楽にデパートの展覧会に

いかがでしょう^_−☆

真言宗智山派 総本山智積院 紫陽花・蓮が見頃です

 

7月です。祇園祭のお囃子がきこえてきそう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

紫陽花もそろそろ終わりと思ったら、、満開です♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

花の色もピンクからブルー。黄緑や濃い紫。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雨上がり、きれいな色。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

蓮も大きく咲いています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

つぼみがいっぱい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピンクも美しい色でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

きらりと宝石が。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

満開です。

今年の後半もしっかり休養して頑張りましょう。

ジャコメッティ展

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ジャコメッティ展には目標が二つありました。

1・哲学と作品と展示について

2・地下鉄に乗り継いで一人で東京に行くこと

どちらも、NO5.長男の進路とのかかわりでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ジャコメッティ展

スイスに生まれてフランスで活躍したジャコメッティ。

作品はブロンズという金属でできています。

日本では青銅と呼ばれるブロンズは銅と錫(すず)という異なる金属の合金のことです。

彼は人間の姿を見えたとおりに彫刻をしたいと思っていました。

生きた人間のおそろしさ、美しさ、不思議さ・・・それらを表現するために細い彫刻になっていきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

決してスタイルや表現のためにこうなったわけではないのです。

 

「実存主義」の哲学者や詩人たちからも高く評価されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

実際に目の前に立って空間を感じてみてはじめてわかること。たくさん発見できました。

 

地下鉄やJRを乗り継いで

六本木→上野→新宿→品川 一人で路線図を片手にたどり着き、無事に京都に帰ってきました。

入試説明会ではいろいろな質問ができた様子でした。

少し安心しています。

次の受験では東京駅で倒れて、救急車で運ばれないで、、無事に受験できますように。

さて、いよいよ今年も後半ですね。

U

 

2017 新世界への招待状フォトギャラリー

マエストロ貴古作陶展 ~新世界への招待状~
2017年4月19日(水)より25日(火)
大丸京都店6階アートサロンESPACE KYOTO