京都伏見アトリエ遊 美術絵画教室 土曜日

一人で東京の第一希望を一校だけ受験し、結果は残念でした。

現役生は一人も合格しなかったとか。きびしい世界です。

毎日描いています。高卒生となりました。

まだまだこれからです

 

今日のモチーフはバナナ。

夜の工作は、綿飴でした。

麗亜さん、桜をスケッチ。

應太さん、乃愛さん、デッサンしています。

ちかげさん、素敵な手型のちょうちょができました!

 

 

京都伏見アトリエ遊美術絵画教室 金曜日

バナナのスケッチです。

大きくかけました。愛理さん。

蘭華さん↑

削りながら、鳥の絵になってきます♪

クレパスで孔雀。アトリエのお手本の作品です。

愛理さん、これから削ります。

バナナのスケッチです。

ともやさん↑

どんぐりのハリネズミ。

頑張ったね。そよはさん↑

 

京都伏見アトリエ遊美術絵画教室 水曜日

渓衣さん

美味しそうですね♪

バナナを描きました。

弥莉さん。

本物みたい。そんなバナナ^^とか話しながら。

工作中です。

自分の足の形で、ダンボールを切って、アクリル絵の具で彩色。

川並さんのスケッチです。

まだまだこれからがデッサンの厳しさです!

ブルータス 30時間。高卒生

京都伏見アトリエ遊 美術絵画教室

↑そらさん、完成です。

強く生きる動物の様子に心打たれます。

こちらの絵は、お医者さんの絵です。

「青い目の二人」という作品です。愛理さん↑

弟が産まれて、助産婦さんが赤ちゃんを抱っこしていました。

その手を描きたい。

↑蘭華さん作

作品名 信頼

弥莉さん↑

退院おめでとう

渓衣さん↑

教室の様子です。ともやさん

すずはさん

お見舞いに行った様子がよくわかります。

そよはさん↑

ありがとうお医者さん、看護師さん。というテーマでした。

ほとんどの作品、コロナの話を描きませんでした。

やっぱり、子どもにとって絵は、辛いことを表現するものではない。と、確信しました。そんな子どもたちの作品に心打たれました。また、「暗い絵はあかんよな。」とも言ってました。個々の作品がそれぞれ明るくて素敵です😊

京都伏見アトリエ遊美術絵画教室(土曜日)

)

スケッチは、阿修羅像。應太さん↑

大翔さん↑

顕微鏡、乃愛さん↑

スケッチ、應太さん↑

デッサンは、日和さん。高校生です。

大きな甲虫の絵を描いています。↑乃愛さん

今日も体験ありがとう。憐くん。

麗亜さんの作品は看護師さんと私です。

高校生、今橋さんのデッサンです。

 

 

京都伏見アトリエ遊美術絵画教室(金曜日)

)

顕微鏡のスケッチです😊

よく見て描けたかな!

コマを作ったり、回して遊んだり。今日は工作いっぱいしました!

看護師さんと病院の絵です。そよはさん。

デッサンの様子です。高校生↑

制作の様子です♪

赤ちゃん、弟が産まれた日の絵を描きました。

蘭華さん。

 

京都伏見アトリエ遊美術絵画教室

弥莉さん、車椅子から立ち上がるおばあちゃんを描いています。

愛理さん、ラブレター💌ありがとう!

アイデアをひねり出しています。

千紘さん、顕微鏡🔬

渓衣さん、スパイクのデッサン。

今日は何をしようかな!ワクワク。

教室の様子です。そらさん。

じっくり取り組みます。今橋さん高校生。

京都伏見アトリエ遊煎茶教室 弥生

 

弥生

関西の「緊急事態宣言解除」暗く長いトンネルを抜けた様でいて必ずしも両手を上げて喜べる状況ではありません。
基本の「マスク」「手洗い」「三密回避」が習慣づいたものの、何時も不安が付きまとい、自分自身の中の何かが崩れてきていると気づいておられる方も多いのではないでしょうか?

お茶の世界の在り様も変わり「何かあってはいけないので」という考えのもと中止や自粛が相次いでおります。
そんな中、日々のお稽古だけは気をつけて行っております。
マスクを外してお茶を飲めば、皆さんいつも通りの笑顔が弾け和やかな時間が流れます。
「お茶って!結構心の拠り所になってるんですよねぇー」というお弟子さんらの会話にホッとします。

生活スタイルが変わる中、何か1つでも心の拠り所となるものがあれば嬉しいものです。
それが「お茶 煎茶でもお抹茶でも」であれば、より嬉しい。

京都伏見アトリエ遊美術絵画教室 土曜日

デッサン頑張っています。高校生↑

 

大きくなったら歯医者さんになりたいな!

ちかげさん。4歳

素敵なスパイク。布施さん↑

應太さん↓デッサン

高校生デッサンは、聖ジョルジョ。

来週はもう三月ですね!

石膏デッサン、今橋さん高校生