美術家からみた子育て

まだまだ目標には遠いけれどね(私)
クリエイター アーティストになろうとする女の人に少しだけ伝えたい気持ちがあります。

男性と肩を並べて働くのも素晴らしいことです。そういう生き方を応援します。
でも、これから本気で日本で男性と肩を並べて同じように働ける社会がくるでしょうか?

女性、お母さんにとって、子育ては本気で大変です。
労働、体力はなんとかなるのです。精神的にとっても大変です。
日本だけではないだろうけれど。。
日本には母親崇拝の気持ちが強すぎるかな~と思います。
お母さんの存在の大きさです。母になってわかるプレッシャーです。
私は、男性と同じように肩を並べて働くというよりも、それ以上のことができると思うんです。
社会全体は女性を軽く見ているわけではないのでしょう。
特に男の子たちはかなりの大人になっても「マザー」の存在が大きいです。

それで、視点を変えてみたらどうかと思いました。

自分は将来プロになるという生き方を決めたら、(広い意味でのアーティスト、クリエイター。お料理やネイルや美容師さんなども)その視点で子育てを見てみることをおすすめします。
目標を持って生きることで、視点を変えてみることができます。子育てや家事 それぞれで自分の目標に視点をあわせれば、毎日がとてもよく見えてきます
本来目標とは関係ない分野や人と出会って、別の視点から自分のデザインや仕事を見てみるということができます。もし私がこんな場所でこの器を使うなら。とか、こんな先生にこんなこと言われたらうれしいな。とか・・(もちろん反対もあります。)
良いことも悪いことも全部吸収して、泣いて笑って 全身で向き合っていくことが必ず役に立ちますしとても大事です。
そうやっていろんな経験から自分の仕事の可能性を広げていくことがとっても大事。

そうやってみれば、自分の感じたことは「公」に。誰かの役に立つような発想になればいいなと思います。
(モンスターになっている場合ではありません。)
ママ同士のお友達と仲良くしているのもよいけれど一人で自分の意見を言える大人になりたいと思いました。

そういうわけで、自分は将来アーティストで生きると決めたら、その視点で子育てを見てみることをおすすめします。
何年かかっても絶対ににそのチャンスはやってきます。子育ては決してブランクではないはずなんです。目標をもっていきれば子育てはその通過点。自分が豊かになる大きくなると思って自信を持って生きることです。

 

そういう気持ちでね・・今日も頑張ります。

まだまだこれから。

目標に遠いけれどね。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください