京都伏見アトリエ遊 お煎茶教室

卯月
今年は桜の開花が早くお彼岸が終われば直ぐに「密」を避けて各々「お花見」を楽しまれたことと思います。
三部咲きの桜に夢を語り、満開の桜に感謝をし、散りゆく桜で厄を落とす。
桜は三度楽しめると云うことです。
今年もコロナ禍でお茶会が中止となる中、別の目標を持ってお稽古に励もうと思います。
立ち居振舞い、お辞儀の仕方、床の拝見の仕方等々、基本にも力を入れて一つ上の御免状を頂く事です。
昨年は一年丸々お茶会をしておりませんので、少々緩んでおります。
スピーディーにその場の雰囲気を読み取れる感覚を取り戻せる様に頑張りたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください