京都伏見アトリエ遊 美術絵画教室

↑そらさん、完成です。

強く生きる動物の様子に心打たれます。

こちらの絵は、お医者さんの絵です。

「青い目の二人」という作品です。愛理さん↑

弟が産まれて、助産婦さんが赤ちゃんを抱っこしていました。

その手を描きたい。

↑蘭華さん作

作品名 信頼

弥莉さん↑

退院おめでとう

渓衣さん↑

教室の様子です。ともやさん

すずはさん

お見舞いに行った様子がよくわかります。

そよはさん↑

ありがとうお医者さん、看護師さん。というテーマでした。

ほとんどの作品、コロナの話を描きませんでした。

やっぱり、子どもにとって絵は、辛いことを表現するものではない。と、確信しました。そんな子どもたちの作品に心打たれました。また、「暗い絵はあかんよな。」とも言ってました。個々の作品がそれぞれ明るくて素敵です😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください