東京だより

長男の東京の様子です。

彫刻の実習が始まりました。

芸術学科なのに、彫刻の方が楽しそう。

そして、いよいよ美術館では単眼鏡が必要らしいです。

 

奈良、京都での実習が始まるそうです。

仏像や、美術館用の細かいところまで見るためのもの。

こちら👇

夫婦で初めて知りました。

 

 

京都伏見アトリエ遊 水彩画 大学受験生

ビンとりんごの下書きです。

そして、軽く色をのせていきます。

少し瓶らしくなってきました。

途中までの仕事はこんな感じです。

ひかりを捉えて、絵を作っていく勉強をしました。

高校二年生です。

そしてフラミンゴの絵に加筆しています。自由制作です。

水面を加筆して完成だそうです。

額縁に入れると迫力があると思います。楽しみですね♪

 

京都伏見アトリエ遊 大学受験生

 

今橋くん(高校2年)

夏休みが終わって石膏デッサン。

アレキサンダー

 

石膏像は大きな胸像の闘士を描き始めます。

休みの日はアトリエで水彩画に挑戦しています。

 

 

水彩画の練習

夏休みもすっかり終わって、9月 もう後半に。

次男と二人のささやかな絵の勉強として、自宅でも一緒に絵を描くことになりました。京都伏見アトリエ遊、東山特別講習。ということにします^^

モチーフは、スプーン、そして、京都大原の道の駅で購入した南瓜です。

自宅の部屋の端の机が小さなアトリエ というわけです。

次男より
国公立大学の美術の大学の合格なんて、無理って。みんなそんな目でみるわ。学校では笑われてんねん。お母さんは大学受験の絵の先生やったんやろ。俺たちのためにも、伏見教室頑張ってくれてんの知ってるで。お母さんが弱気でどうすんねん。

こんな一言から始まりました。

我が家のささやかな目標。「芸術で生きる」です!

親子で目標に向かっていこうと 決めました。

まずはスプーン一本を描きました。

そこで、お父さん(夫) 登場です。

「手首の力を抜けよ。スプーンは感性で理解するものじゃない。構造で理解しろ。」なるほど。父親の一言が効きます。

線一本が大事だと伝えます。緊張感を持って絵に接する事。

鉛筆の削り方上手になってきました。

簡単なことのようですが、家で描くって案外 誘惑が多く難しいですね。

 

そして南瓜です。

 

大きく形を捉えることができました。

こちらはまだ途中です。

 

この絵を描きながら、美術館に行きました。

本物の絵を見たり、お昼は外食したり!

 

これこそかけがえのない時間だと思います。

丁寧に一つ一つ。最後まであきらめない。

さて、どこまで頑張れるか我慢大会。

次は影を描くそうです!完成はもう少し頑張ってからです。

描き終わったら

美味しい南瓜のお料理もできたらいいな(^^)

 

 

京都伏見アトリエ遊美術絵画教室 8月3日

石膏デッサン頑張る高校生

今橋くんです。

夏休みで進路を決定する約束です。

真剣そのもの。頑張っています。

ことちゃん、小さなブロンズ像を描いています。

大翔くんがガラスの靴を描いています。

工作や、恐竜の絵画作品も取り組むことができました。

ブロッコリーは高校生の着彩です。

高校二年生。美味しそうにかけたかな。

東京だより♪

夏の風景画です。

東京芸大の芸術学科の実習での課題です。

場所は、東京国立博物館のお庭です。画面真ん中の光の当たるところが明るい未来の入り口となるように祈って描いたのではないかな、と 思いました。

一人で頑張る姿を目に浮かべて想像します。

いくら集中力があるとはいえ、休憩も食事もなしで一日中取り組むことができるのも、それはそれで心配です。

勉強がしたくて選んだ道。

応援したいと思います。

夏休みは陶芸の実習。

作品の写真がとても楽しみです。

 

 

京都伏見アトリエ遊美術教室

 

透明水彩で絵を描く次男です。

初めての鉛筆着彩に挑戦しています。

その横で、何でもいつでもどこででも、描くようにしています。

お母さんが先生であり、窮屈でしょう。。

でも、何かしないと!と思いました。

うるめいわし

パステル、色鉛筆です

 

色あせた紫陽花と自分で作った花瓶

 

今日のモチーフの猫の置物

 

完成作品です↓

影は手伝いました。

初めての受験を意識したモチーフでした。

紙風船らしさや、立体感などがこれからの課題です。

明後日から期末テスト。勉強もがんばってね👍

 

京都伏見アトリエ遊 新たなスタートです!

主人のパレットの復活です。

藝大 入試説明会 そして、大手予備校巡りに行ってきました。

そして、大学2年生の勇介に会って、大学の寮に泊まって帰ってきました。

 

後ろ姿も大人に見えました。次男です。

 

東京の博物館で一日中過ごしました。

 

何を見てもじーんとしました。

 

さて、その感想です。

「僕は、これからも京都伏見教室でお母さんに絵を習い合格する。」

でした。お父さん、お母さんを尊敬する。。まで、言ってもらって、母としても、先生としても感無量です、、が、しかしながら。。倍率が20倍。違う意味でも泣けます。本当に試練のはじまりです。

 

京都伏見アトリエ遊の また、新たなスタートです。

どうぞ皆さま 今後ともご指導ご鞭撻をお願いいたします。

 

京都伏見アトリエ遊美術絵画教室(水曜日)

京都伏見アトリエ遊はやっと12年になりました。小さかった次男も高校生になりました。

幼稚園の頃、黒い絵の具ばっかり使って、先生の話も聞かずに走り回っていた5歳児さん。伏見教室で   大好きな黒の絵の具をたっぷり使い、毎週スケッチしてきました。今はパイナップルを描いています。途中の絵です。

絵が好きだから、好きなように描くことも大事。大事なことは進路に向かうように感受性を大切に。心の成長も大切です。時々は待つことも私の仕事です。

小さかった頃の子どもたちのことを思い出しながら、美術につながっていけて幸せです。

さて、今日の教室の様子です。

モチーフではまず遊んでから。大事なことです。

きょうは完成するかな。

中学生も入試前です!

ちひろちゃん。東京にもう一度行ってみたいな。っていう絵です。

みのりちゃんです。空想だけでこんなに描けて素晴らしいですね。

亘志くん、一生懸命に描いています。

完成は嘉成くん。綺麗な色が出ましたね。

 

 

東京藝術大学 芸術学科 進級制作展のご案内

1回生 長男の展覧会の進級制作展です

東京藝術大学 芸術学科 進級制作展のご案内
1月22日 23日 24日
東京藝術大学にて
14時から19時まで
中央棟二階 油画実技実習室にて 一般公開されています。
展覧会を企画して自由制作をしています。
写真はチラシとメッセージ文です。論文と作品の展示です。
お時間がございましたら ご高覧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

「からからだからからだから」
今橋勇介